迷惑メール対策機能

迷惑メール対策サービス

オリネットウィルスチェックサービスの特徴

お客様のメールアドレスに電子メールが送られる際に、電子メールは、外部(インターネットの世界)からウィルス対策機器(FortiGate)を経由して、オリネットのメールサーバーに格納されます。
ウィルス対策機器(FortiGate)を経由する際に、アンチスパム機能が働き、迷惑メールの可能性があるメールにはタイトルに[spam]というタグが付加されます。
メールを受信する際は、メールサーバーに格納されているメールを呼び出して受信します。
パソコンで受信する前にメールサーバーからウィルス対策機器(FortiGate)を経由してお客様のパソコンにメールが送られます。
メールを受信する際には、ウィルス対策機器(FortiGate)のアンチスパム機能は働きませんので、SSLでの電子メール受信設定にしていただき、暗号化通信をお勧めいたします。
メールソフトの「フィルター機能」を使うことによって、メール受信の際に、タイトルに[spam]というタグのついたメールを、あらかじめ設定したフォルダに振分けすることができます。
振分け後に、お客様で通常のメールか迷惑メールかどうかを判断していただけます。
また、フィルターによる振分け設定をしない場合でも、「タイトルを並び替え」することによって、整列した[spam]というタイトルのメールを、お客様で通常のメールか迷惑メールかどうかの判断をしていただけます。


迷惑メールの可能性のあるメールを受信した時

迷惑メールの可能性のあるメールがお客様宛に送信されると、アンチスパム機能により疑わしいメールのタイトルに[spam]のタグが自動的に付加されて届きます。

迷惑メールの可能性のあるメールを送信した時

迷惑メールの可能性のあるメールを送信してしまった場合も、アンチスパム機能によりアンチスパム機能により疑わしいメールのタイトルに[spam]のタグが自動的に付加されて送信先のメールアドレスに届きます。SSL送信をしている場合には暗号化されるため、ウィルス対策機器(FortiGate)でのアンチスパム機能は適用されませんので、迷惑メールの可能性のあるメールについてもメールのタイトルに[spam]のタグがつかなくなります。

【迷惑メールでないものが迷惑メールの可能性となっている場合】

大変お手数ですが、該当メールアドレスを登録(ホワイトリスト)致しますのでお問い合わせ画面より該当メールアドレスを記載し送信下さい。

オリネット迷惑メール対策サービス 【 ご利用上の注意 】

オリネット迷惑メール対策サービスは、米国の情報セキュリティ監査会社であるICSA認定のゲートウエイ製品、FortiGateを採用し、アンチスパム機能を採用しております。サービスの特性上、【迷惑メールを100%受信拒否する事を保証】するものではございません。
※オリネットのお使いの全お客様のメールが対象となります、個別に利用しない等の例外の設定はできませんのであらかじめご了承下さい。
※外部から電子メールが入って来た時と電子メール送信時にアンチスパム機能は有効となります。受信の際には、アンチスパム機能は働きません。送受信をSSLで設定して頂きますと、暗号化通信となりますのでSSLでの送受信をお勧め致します。